ショートゴルフ場

ブログ

第16回 バックスイングをチェックしましょう。

カテゴリー:初級編

2013.11.11

第16回 バックスイングをチェックしましょう。

 

1、      テークアウェイをチェックする

最も高いのはW1(ドライバー)で水平ラインは腰骨の高さです。

最も低いのはSW(サウンドウエッジ)で

        水平ラインは大腿部中間の高さです。

他の11本のクラブはこの間に均等分布します。

 

  PB070505.jpg  PB070504.jpg  

 

2、      クラブシャフト全体がフットラインと平行をチェックする。

クラブシャフトが水平になるときは、クラブシャフトが

フットライン(つま先ライン)の真上に位置します。(全てのクラブ)

 

  PB070513.jpg

 

3、      リストコックの完成位置をチェックする。

左腕とクラブシャフトは、クラブシャフトが水平になった高さ

から約20cm上で直角(90°)になります。

(使用クラブによって変わります)

Wは右胸(左肩)の高さ SWは右腰の高さ になります。

 

   PB070508.jpg  PB070510.jpg   

 

4、      トップオブスイングをチェックする。

チェックポイント(3)でできたリストコックをそのままの状態

(90°)にしておいて、左肩をさらに回転させていき、

ねじりあげが極度にたっした状態をトップオブスイングです。

Wは地面と水平かつ、かかと線上で目標線と平行になります。

SWは正面から見たら、クラブシャフトは地面と(45°)に

みえます。

 

  PB070511.jpg  PB070512.jpg

 

次回はダウンスイングをチェックする。