千曲川リバーフロントスポーツガーデンフェイスブック

リバーフロント

長野市のお天気

19日(日)の天気

今日のローラースケート場

◎利用可

今日の運動広場

全面使用中

リバーフロント

bana

bana

ショートゴルフ場

ブログ

第10回 傾斜面のショット=4種類の傾斜面を知る

カテゴリー:中級・上級編

2012.03.06

第10回 傾斜面のショット=4種類の傾斜面を知る

アップヒルとダウンヒルの共通点と対称点

(共通点)

1、    体の縦軸の傾け方

    傾斜面に合わせて軸を傾けて立ちます。

2、    体重のかけ方

    軸を傾けるので、低いほうの足(谷足)に荷重します。

    低いほうの足の親指側に体重をかけてバランスをとります。

    スイング中は重心移動を抑え、

    アームスイング主体のスイングにします。

3、    ボールの位置

    重心移動を制御するので、斜度が大きくなるにつれてボールの位置

    はスタンスの中央寄りになります。(右に寄せることになります)

4、    スイングの大きさ

    不安定な状態なのでフルスイングはしないで、3/4スイング

   (9時~3時)以下にします。(コンパクトなスイング)

5、    飛球

    正しいスイングをすれば

    ストレートボールになります。

  アップヒルはフックボールに、ダウンスイングはスライスボールに

なれば1~4に誤りがあります。

 

     

        P3060285.jpg  P3060287.jpg  

 

(対称点)

1、    使用クラブ

   傾斜面では飛球の高さや飛距離が変わる為に

   打ち上げ=ロフトの小さいものに持ち替えます。

   打ち下ろし=ロフトの大きいものに持ち替えます。

 

アップヒル              ダウンヒル

    

   P3060307.jpg          P3060306.jpg  

  

     

高い飛球になって距離が出ない        低い打球になって距離が出る

 

 

次回は、アップヒルの基本です。